セキュリティエンジニア

システムエンジニアの中にはいろいろな種類があり、アプリケーションを作るようなアプリケーションエンジニアや、テストを行うテストエンジニアなど、仕事ごとに分けられています。
そのため、一口にシステムエンジニアと言っても、その区分ではどんなことをやっているのかというのが少しわかりにくいのではないでしょうか。
今回は、パソコンなどをウィルスや侵入者から守るセキュリティエンジニアと呼ばれる人たちのことをお伝えしたいと思います。

セキュリティエンジニアとは、読んで字のごとくセキュリティに特化したエンジニアさんたちのことです。
パソコンというのは、案外容易いもので、セキュリティが万全ではないと簡単に侵入されてしまって、大事なものを盗まれてしまったり、犯罪に使われたりしてしまいます。
最近でも、他人のユーザーを乗っ取ったり、遠隔操作されたりなどのニュースが後をたちません。セキュリティの向上というのはそれほどまでに重要な事なのです。

さて、個人ですらこんなにも重要なセキュリティが、企業で重要視されないはずはありません。自社の機密情報や、社員や顧客の個人情報など、保護するべきデータが山程あるのです。
そのセキュリティを万全に保つのがセキュリティエンジニアです。
基本的には、会社内のLANの設定であったり、バックドアと呼ばれるものがないかどうかのチェック、ウィルス等が居ないかなどのチェックとセキュリティソフトのインストールなど、セキュリティに係る全般の事をしています。

会社を守る上で、非常に大きな役割を担っていると言っても過言ではありませんし、セキュリティエンジニアの活動範囲というのは、一般の会社だけにとどまらず政府機関である市役所などにも働きの場があります。

以上がセキュリティエンジニアと呼ばれる人たちの作業です。
これ以外にもシステムエンジニアには実は様々な種類があります。それぞれの職種によって仕事内容が異なるため、どの専門分野を極めるかは事前に調べておくとキャリア選択に役立ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です